食べたいものを食べる

ゾーンダイエットは生活習慣病の予防

ゾーン・ダイエットで健康的に減量するには、三大栄養素である炭水化物・たんぱく質・脂肪を4.3.3の割合で、摂取する事です。

リバウンドがなく健康で飢餓感のない食事法がゾーンダイエットなのです。

シアーズ博士が発明したゾーンダイエットとゾーン食の技術は、ハリウッドスターや有名アスリートをはじめ多くの方々に支持されているそうです。

このゾーンダイエットはオリンピック選手でも使われました。実際体内で起こった、ホルモンや酵素の働きによって、若い選手達の能力を極限まで高めることができ、バルセロナ五輪では実践したアメリカの男女競泳チームは金メダルを8個も獲得したそうです。

ゾーンダイエットは生活習慣病の予防にもつながるのです。

4:3:3のゾーンダイエットは食べたいものを食べて、スリムな体型を維持することで精神的にも肉体的にも最高に良い状態を維持することができるのです。

但し、ゾーンダイエットを実践するにはそれなりの努力と覚悟が必要となるでしょう。

製品

ゾーンダイエット製品には

シアーズゾーンカロリーコントロールバーやオメガゾーンバーがあります。
バーなので無理なく継続することができ、忙しいときや移動中に適しています。
チョコレート味やイチゴココア味があります。

食べ方に特別な決まりはありませんが、3時のおやつと夕飯をバーに代えるのも良いでしょう。

もちろんゾーンダイエットの基本である炭水化物、たんぱく質、脂肪が4:3:3のカロリーバランスで配合されています。

間違ったダイエット法は飢餓感との闘いだったり、健康を害し、リバウンドを招いたりしますがゾーンダイエットはバリー・シアーズ博士が全米特許を取得した「栄養素時間差投入法」に基づいた成分を配合したためにお腹が空かないのです。

ゾーンダイエットとは

ゾーンダイエットとは

アメリカのバリー・シアーズ博士が開発した3大栄養素である炭水化物40%、タンパク質30%、脂肪30%(4:3:3)の割合で摂取し、体内のホルモンバランスを整えて体脂肪が燃えやすい体質をつくっていくというダイエット法です。

栄養バランスも考えながら、うまく糖質を摂っていくところがゾーンダイエットの特徴です。

炭水化物、たんぱく質、脂質を4:3:3の割合で摂取し、ホルモンバランスを整えることによって血糖値が安定し、肥満を解消するだけでなく、病気に強い身体を作ることができます。

ゾーンダイエットの「ゾーン」とは、体内で分泌されるホルモンのバランスが取れた状態を指し、血糖値を一定のレベル内に安定させる範囲にするようホルモンの働きを応用した食事法によるダイエットを指します。

ゾーンダイエットは、いわゆる「低インシュリンダイエット」のひとつです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。