ゾーンダイエットとは

ゾーンダイエットとは

アメリカのバリー・シアーズ博士が開発した3大栄養素である炭水化物40%、タンパク質30%、脂肪30%(4:3:3)の割合で摂取し、体内のホルモンバランスを整えて体脂肪が燃えやすい体質をつくっていくというダイエット法です。

栄養バランスも考えながら、うまく糖質を摂っていくところがゾーンダイエットの特徴です。

炭水化物、たんぱく質、脂質を4:3:3の割合で摂取し、ホルモンバランスを整えることによって血糖値が安定し、肥満を解消するだけでなく、病気に強い身体を作ることができます。

ゾーンダイエットの「ゾーン」とは、体内で分泌されるホルモンのバランスが取れた状態を指し、血糖値を一定のレベル内に安定させる範囲にするようホルモンの働きを応用した食事法によるダイエットを指します。

ゾーンダイエットは、いわゆる「低インシュリンダイエット」のひとつです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。